• nhimeno

金利のお話


金利とは。利子のことです。

同意語ですので、どちらを使ってもいいかと思います。


反意語としては「利息」「利回り」という言葉があります。


借りている側から見れば、「金利」であり「利子」であり、貸している側から見れば「利息」ということになります。

「利息」と「利子」が対で、「利回り」と「金利」が対でしょうか。


さて、金利には2種類ありまして、「単利」と「複利」があります。


単利とは元本(元金、元のお金)に対して金利がつく利息です。

複利とは元本についた利息を足したものに金利がつく利息です。


ややこしいですね。


例えた方が分かりやすいかと。


元本100万円で年利(年間の利息)5%としましょう。


1年後の利息は単利では

100万円×5%=5万円


複利でも

100万円×5%=5万円


どちらも同じですが、2年目以降が違ってきます。


単利は元本を返済しない限り、毎年5万円の利息ですが、複利では

1年目 100万円×5%=5万円

2年目 (100万円+5万円)×5%=52,500円

3年目 (100万円+5万円+52,500円)×5%=55,125円

とどんどん利息が大きくなります。


これを公式にしてみますと

a:元本(元金)、b:将来価値、r:利率(利息)、n:期間


 b=a(1+r)n


すみません。乗数が書けないので解説します。nはn乗になります。


この公式に単純に数値を入力すれば、求めている値は計算できます。


ざっくり年利5%で複利だと10年後は162.8895%になります。

10万円だと162,889円

100万円だと1,628,895円になります。


利息として考えると怖いですよね。

しかし、これが運用利回りとしたらどうでしょう。

いい運用だと思いませんか?


そんなうまい話なんてあるわけない。と思われるかもしれませんが、実はあるのです。


先日お話した、積立NISAがそれです。


ドルコスト平均法で大きくは儲けられませんが、投資信託で年5%の運用は結構ありますし、積立NISAの場合、分配金はそのまま投資に回せます。つまり複利運用です。


ただし、投資は浮き沈みは必ずあります。

単純に上の計算通りに行くとは限りません。自己責任の世界です。


あくまでも自己責任で運用・投資は行ってくださいね。







17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

興味深い裁判(判決)

ABCニュースより 興味深い判決が出たので、今日はその紹介をしたいと思います。 https://www.asahi.co.jp/webnews/pages/abc_9819.html 今回の大阪高裁の判決を簡単に説明しますと、 原告は消費者団体で被告は家賃保証会社(フォーシーズ)です。 フォーシーズは賃貸物件の借り主が家賃を2ヵ月以上滞納したなどの場合、物件を明け渡したとみて室内の家具や荷物を無断